矯正治療の通いやすさ | KU歯科クリニック|インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)|東京(渋谷・新宿・銀座・青山【外苑前】・世田谷【三軒茶屋】・成城学園・品川【青物横丁】)

矯正治療・マウスピース矯正(プレート矯正)

矯正治療の通いやすさ

いよいよ令和元年も終わりに近づいてきました。
12月21日土曜日は銀座院からスタート。
あまりの忙しさにいつもより30分早めに診療開始。

今日は矯正治療日なのでアポイントはこんな感じ。
矯正治療はピンク色で2台の診療ユニットがビッシリ。
本当に矯正治療の患者様が増えてます…。

 

矯正治療を始めるにあたって皆さん悩むのが「通いやすさ」。

1年半~3年と言う長い期間になるので、
ここは慎重に考えなくてはいけません。

大きく分けると2つの選択肢があって、
1つは矯正専門医に通院する。
もう1つは一般歯科医院で矯正治療を行う。

最初の矯正専門医院で行うメリットは、
自分のスケジュールに合わせた形で通院できる。
だいたい月に20日前後の診療日がありますので、
その中でアポイントを取っていけばいいと思います。
しかし専門医院では矯正治療以外をしないことが多く、
虫歯や抜歯などの場合他の医院に行かなければならない。
もちろん提携していたり紹介してもらえますが、
複数の医院を動くことになるのでちょっと面倒。
重なった部分がほどけてくると虫歯があったり、
親知らずや小臼歯の便宜的な抜歯が必要ですからね。

もう1つの、一般歯科で矯正治療を行うメリットは、
そういった虫歯や抜歯や歯周病に対するケアが便利。
総合的に一般歯科を行ってくれるのでお任せできます。
しかし矯正専門医のアポイントが制限されてることが多く、
月に1度や2度の限定された日に行かなければならない。
そういったスケジュール的な部分のデメリットがあるのです。

KU歯科クリニックは後者の一般歯科であり、
ワイヤーを使った歯列矯正を専門医が行うスタイル。
プレート(アライナー)矯正は私達も行います。
7つの医院があり多くの患者様が矯正治療されているので、
月平均10~12日ほどの矯正治療日の選択肢がある。
なので予定が合わない時はグループ内の他の医院でもOK。
同じ矯正医が担当しますので安心です。
ちなみに月イチですが日曜日もOK。

矯正治療は審美目的だけでなく将来の虫歯や歯周病予防にもなる。
年齢が若く代謝量が多いうちにスタートした方がリスクが小さく、
動くスピードも速いので色んな意味で良いですね。

是非ご相談ください。

関連記事

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内